水虫の治し方

水虫の治し方を解説します。原因・症状をふまえ、なかなか治らない繰り返す水虫を自力で完治させるための情報をお届けします。

水虫市販薬は効果がある?繰り返す再発する水虫を完治する薬

白衣の女性3

市販薬で水虫は治せる?

水虫になったら、早く治したいですよね。

あまり人になっていることを知られたくない病気ですし、手間もかけたくないから自分で治したいという人もいらっしゃると思います。

 

自分で治すとすると、やはり薬を使って治すという方法が一般的です。

病院に行かずとも手に入る市販薬で水虫は治るのでしょうか?

 

一昔前の水虫の薬はあまり効き目のないものが多かったようですが、今は市販薬でも効果のあるものが多いです。

薬には塗り薬と飲み薬とがありますが、市販薬は塗り薬です。

飲み薬は病院で処方箋をもらわないと買えません。

塗り薬は病院へ行かずとも、ドラッグストアや薬局で手に入れることができます。

 

爪水虫や広範囲に広がってしまった水虫を治すなら、一度、皮膚科の病院へ行かれたほうがいいと思いますが、一般的な水虫であれば市販薬で十分に治すことができます。

 

水虫の原因菌(白癬菌:はくせんきん)を殺菌する作用のある薬は、市販薬で十分にたくさんあります。

 

水虫市販薬のデメリット

ただ市販薬を使うにあたって気をつけたいことがあります。

それは、最近の市販薬は効果がないどころか、むしろ殺菌作用が強力すぎるくらいだということです。

水虫の原因菌に対して強力な作用があるのは良いのですが、実は人間の肌にも少なからずダメージを与えてしまうものが多いです。

殺菌作用が強いので、いったんは症状がよくなるのですが、ダメージを与えられた傷ついた肌は免疫力が下がっているので、再び水虫の原因菌たちが侵入しやすかったり、増殖しやすかったりする状態にあります。

 

もし、あなたが水虫の市販薬を使用していて、いったん症状は良くなるのに、また再発してしまうと感じているのであれば、それは水虫薬で肌にダメージを与えてしまっているからかもしれません。

今の状態では、せっかく菌を殺してもまた菌を貰ってきてしまうのです。

 

肌を守る。殺菌する。

この2つの相反することを同時に行うのが、水虫治療には大事です。

 

>>「肌を守る」と「殺菌」を両立する水虫薬はコチラ

 

 

水虫を完治するのにおすすめの薬

肌を守りながら、水虫菌を殺菌するのにおすすめの薬が上のリンクから公式サイトに飛べる「クリアフットヴェール」という薬です。

私も、この薬を使って水虫を治しました。

 

ちなみに「クリアフットヴェール」はこの公式サイトでしか販売しておらず、最安値で購入できるのがこの公式サイトです。

 

クリアフットヴェールのよいところは、「CPL」という話題の成分で肌を守り、竹酢液で菌を攻撃してくれる点です。

なかなか治らない再発する水虫を完治させるためには、肌環境を変えなければなりません。

肌環境を変えて、悪循環を断ち切ってくれるのが「クリアフットヴェール」です。

 

色々な薬を使ったけれど、結局、水虫を再発してしまったという人に特におすすめです。

 

ほかの水虫市販薬との違い

ほかの水虫の市販薬では、原因菌を殺菌してくれはしますが、肌にもダメージを与えてしまうので、再び悪化してしまいます。

水虫が何度も再発するのは、強力な水虫薬の殺菌作用で、足の裏が傷ついた状態となっていて、菌を殺しても新たに菌が入り繁殖しやすい状態になっているからなのです。

 

そんな足の肌環境を守り、通常の状態に戻す秘密の物質が『CPL』です。

 

肌の中の菌を殺しても、水虫に感染しやすい肌環境のままでは、再び水虫に感染します。

足拭きマットやスリッパ、自分の靴下や靴にも菌が残っているかもしれません。

結局、殺菌作用だけの薬では肌環境まで変えられないのです。

 

しかし『クリアフットヴェール』なら、殺菌しながら水虫に感染しやすい環境自体を改善できます。

つまり、治療と再発防止を同時に行うことが出来る商品なのです!

足の肌環境を整え、菌が繁殖しづらい足本来の肌状態へと導きます。

 

竹酢液の効果とは

足にいる水虫菌を攻めるのは「竹酢液」です。

竹酢液は昔からある成分だからこそ、肌を傷めることなく内部まで浸透していき水虫菌を退治します。

竹酢液に含まれるフェノール系化合物には、水虫の治療に有効な抗菌性があることで有名です。

 

CPLの効果とは

CPL(環状重合乳酸)とは、皮膚や毛髪のタンパク質との親和性が高く、保水性や保湿性に優れており、がん治療などにも使われ始めるなど、現在大変注目されている物質です。

 

>> クリアフットヴェールの成分の詳細を調べてみました!

 

水虫薬を使う場合の注意点

水虫薬を使用する場合に、注意点があります。

 

一つ目は、必ず足を清潔な状態にしてから使用することです。

不衛生な状態で使用しても効果が弱まります。

お風呂などで足をよく洗い、皮膚を柔らかくして清潔な状態で使ってください。

足を洗うときは、殺菌効果のある石鹸を使うとさらにいいでしょう。

 

二つ目は、薬を塗るときは用法用量を守ることです。

早く治したいからといって、たくさん使用すれば治るわけではありません。

薬の使用方法をよく読んでください。

 

三つ目は、水虫薬は最低でも3ヶ月以上は使い続けることです。

いったん良くなっても、薬の使用を止めると、肌の奥のほうに残っていた菌やスリッパ・足ふきマットに潜んでいた菌が再び増殖し、再発する可能性があります。

水虫を完治させるためには、水虫薬を使い続けることが大事です。

 

この3つの注意点を守りつつ、次の水虫薬を使えばきっとあなたの水虫も完治します。

>>水虫薬「クリアフットヴェール」公式サイトはコチラ

>>「クリアフットヴェール」で水虫を治した体験談はコチラ

 

      2018/04/12

 - 水虫の基本知識